雨漏りの修理会社おすすめランキング » 知っておきたい雨漏り修理の基礎知識 » 修理業者の選び方

修理業者の選び方

安心して任せられる業者選びのポイント

男性作業員のイラスト雨漏りが起こってしまったら、修理会社を探さなくてはなりません。

しかし、雨漏り修理は高度な技術力が必要。どこの会社でも、必ず雨漏りを止められるわけではありません。

下記に、良い業者を見分けるためのチェックポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 業者を見極めるチェックポイント  

    チェックボックス現場を見てから見積りを出してくれるか
    雨漏りの原因特定は難しいものです。依頼主の話だけを聞いて、簡単に見積もりを出してきたり、契約をせまる業者は信用できません。

    チェックボックスアフターケア(保証)があるか
    雨漏りは、施工後にまた漏水があったという繰り返すケースもあるので、アフターケアや保証を備えているか確認しましょう。アフターケアが充実している業者は修理技術に自信があり、対応力が高いところが多いです。

    チェックボックスどれくらいの実績があるか
    多くの雨漏りを修理している実績があるということは、あらゆるケースに対応する技術があるということ。
    戸建てに強いのか、マンションやビルなど規模の大きな建物に強いのかなど、業者の得意な分野も合わせて確認すると良いでしょう。

    チェックボックス有資格者がいるか、職人レベルは高いか
    防水施工管理技術者や雨漏り診断士など有資格者がいるということは、プロ意識が高く専門的知識をもったスタッフがいる判断材料になります。

    チェックボックス自社施工であるか
    雨漏りの修理業者に依頼しても、工事を行うスタッフは下請けの人だったということはよくある話です。
    下請けを使うのが悪いことではない のですが、自社施工で行う会社の方がスムーズに対応してくれるようです。
    また、中間マージンを省いているため、適正価格でサービス提供している会社が多いです。

    チェックボックス見積もりが分かりやすいか
    「〇〇一式」など、略して書かれていたり、見積りの内容が分かりづらかったり、根拠がはっきりしないのに金額提示をしてくるところは要注意です。
    工事費用について、きちんと説明してくれる会社を選びましょう。

    チェックボックス緊急な場合、迅速に対応してくれるか
    雨漏りの場合、急いで水の浸入を防ぐ施工をしなければならない緊急事態です。だからこそ、調査、修理をすばやく行ってくれるスピードも大事な要素です。

    チェックボックス対応できる施工バリエーションはどうか
    技術力のある業者であれば、建物の状態に応じて、色々な工法から最適な方法を提案してくれます。
    これも、実績やスタッフの技術力によって差が出てくるので、担当者に確認しましょう。