雨漏りの修理会社おすすめランキング » 知っておきたい雨漏り修理の基礎知識 » 修理の方法・種類

修理の方法・種類

雨漏りの防水工事とは

建物に雨漏りが発生したら、まず原因を特定し、補修が行われます。

一番多い屋根や屋上、壁はひび割れなどが原因となりますし、サッシまわりや換気口なども水が入ることがあり、工事が多く行われる場所です。

ビルやマンション、戸建てなどの構造の違いにより、工事の方法は異なります。

屋上・屋根・ベランダの場合

紫外線や雨風の影響をうける屋上や屋根は、劣化が早く、雨漏りの原因が多い場所です。主に以下の工法が採用されます。

  • アスファルト防水
    合成繊維不織布にアスファルトを含ませてコーティングしたシート状のルーフィングを貼り重ねる工法。
    防水工事として長く行われてきた信頼できる方法のひとつで、防水機能が高く比較的費用も安い
    屋上の施工によく利用されます。
     
  • シート防水
    シート状に成形した素材を接着剤などで下地に貼り付けて防水する工法。
    天然ゴム系で伸びがよく亀裂部分を覆うゴムシート防水と、塩化ビニール樹脂でつくられたシートで複雑な形状や狭い場所でも熱風で溶かすことで下地と一体化しやすい塩ビシート防水があります。
    屋上の施工によく行われます。
     
  • ウレタン防水
    液体のウレタンを塗膜することによって防水層を形成する工法。
    下地の形状になじみやすく、塗るだけで防水できるので簡単で短期間で終わり安価なのがメリット。
    屋上やベランダなどすべての場所で多く施工されています。
     
  • FPR防水
    FPRとはガラス繊維強化プラスチック のこと。強度が強く耐久性に優れた素材で、このFRPで被覆防水層をつくる工法。
    最近、特に注目されている防水材で、軽量ながら強く耐久性に優れてお り、様々な形状に施工できるため、複雑な場所でも使えるという利点があります。ベランダの施工で行われます。
 

外壁・窓枠・サッシの場合

あなたの建物の外壁を触ったとき、白い色が手につくなら、塗膜の劣化が進んだチョーキング現象が起こっているサインかもしれません。

外壁材が剥がれ落ちていたり、ヒビが入っている場合は早急な修理が必要です。

  • 外壁の塗り替え
    何も症状がなくても築10年を目安に外壁塗装をしておくと、雨漏り防止となります。
    ひび割れは広範囲の雨水侵入を起こすため、塗装によって水の浸入を防ぎます。
  •  
  • シーリング工事
    建物の部材の隙間や接合部に、合成樹脂または合成ゴムをペースト状にしたものを使用して、隙間をうめることで水が入るのを防ぐ工事。
    外壁やバルコニーの隙間、サッシや窓枠の周囲などは年数が経つと劣化するため、シーリング工事は大切です。
    戸建てからマンション、ビルの外壁まで、あらゆる規模の建物で行われる工事です。