雨漏りの修理会社おすすめランキング » あなたの家は大丈夫?雨漏りセルフチェック » 雨漏りの原因

雨漏りの原因

雨漏りが起きてしまう原因とは?

一番多いのは、「建物そのものが古くなってしまった」ことによる雨漏りです。

マンションやビル、戸建てなど、どんな建物でも、建てた瞬間から劣化は始まります。

どんな頑丈な構造でも、築年数が経てばたつほど、もろくなっていくのです(一概には言えませんが、設計や施工ミスによって雨水の侵入に耐えられないケースもあります)。

築年数が少なくても、構造の問題で防水が弱く、すぐに水漏れしてしまうケースもあります。

雨漏りの主な原因を3つ挙げてみます。

  1:屋根が壊れたり、劣化してしまった 

劣化した瓦屋根の画像立地条件や施工条件にもよりますが、建物は10年以上経つと、何らかのメンテナンスをしなければ老劣化が進んでいきます。
屋根の弱くなった部分から水が回って、室内に水がたまり、カビなどを発生して初めて気づくケースも少なくありません。
屋根からの雨漏りというのは、マンションやビル、戸建てによって構造は違いますが、コンクリートや瓦の割れ、ヒビ、防水シートの劣化や露出、塗料が剥がれてくることによる隙間ができる、などさまざまです。
実際、建て主の方が目で見ることができない場所ですので、築年数10年を目安に診断を受けることをおすすめします

  2:外壁に入ったヒビによって浸水してしまった 

外壁にヒビが入った画像外壁の劣化も、雨漏りの原因となっており、古くなって壁自体が弱くなれば雨水が屋内に侵入します。
目で見て判断できるのは、目立つヒビがないかということです。反りやふくらみがある場合も、水分を含んでしまっていることを見る目安となります。
触ると白い粉がつく場合も、チョーキング現象という水漏れを示すサインです。外壁も10年経過すれば、メンテナンスが必要となります
一般的に塗装の耐用年数は、最近では15年程もつ材料もありますが、通常で約8~10年と言われています。

  3:サッシまわり、換気口などに浸水しやすい隙間ができた 

屋根や壁とともに、水が浸入しやすい部分は、建物の隙間ができやすい部分。
窓や換気口などの開口部は、構造上、雨水に対して弱い部分です。
窓は壁とサッシの間、換気口は穴があいているわけですから、水が入りやすいのは当然のことです。
他のところよりも念入りに、シーリングなどの防水処理をされている場所ではありますが、劣化とともに、その防水加工も弱くなります。
通常、シーリングの寿命は(環境や種類によっても違いはありますが)、5年程度と言われています